脱毛の自己処理から楽になろう!

レーザー脱毛と針脱毛が永久的な脱毛方法の主流です。この二つを比較してみました。それぞれ利点と欠点があります。

脱毛の自己処理から楽になろう!

レーザー脱毛と針脱毛の違いを知って永久的な脱毛を

レーザー脱毛と針脱毛が主な永久に脱毛する方法です。この二つの違いについて書いていきます。針治療のよいところは完璧に脱毛が完了するというところです。ワキの汗じみや臭いを解消するというのが針治療のよい所です。これは無駄毛の一本一本を丁寧に根元に絶縁針という針を差し込んでいき毛根を焼き切っていきます。最大のデメリットは痛みです。わきなどは非常にデリケートでリンパ腺の近くでかなり痛いですすねなんかは想像していただければ分かると思いますすねの毛って抜かれると痛いです。そこに針を突っ込むわけです。もちろんその激痛を防ぐために麻酔をかける訳なんですが、この麻酔もかなり痛いです。この痛さでやめてしまう人が多いのも事実です。しかも麻酔は別料金が発生してさらに高くなることがあります。だからと言って麻酔なしでやるには痛すぎます。
さて、それに比べてレーザー脱毛はというと痛みについては針脱毛に比べれば耐えられるレベルの痛みです。そのため麻酔は使いません。
そして、一回の施術はさほど時間がかからないというのも特徴です。ただし、何回か通院しなくてはいけません。
しかし一回数十分で済みます。針脱毛は一回で済みますが数時間はかかります。
そして、レーザー脱毛のほうが簡単というのがここ最近レーザー脱毛が増えている理由だと思います。熟練の医師でなければ失敗してしまうのが針治療ですが、レーザー治療は面で治療するためあまり慣れていない医師でも脱毛させることが可能です。